自分で行う起業助成金申請

起業助成金・高年齢者等共同就業機会創出助成金の獲得方法

起業助成金の中でも高年齢者等共同就業機会創出助成金はひじょうにユニークな内容として知られています。おもにリストラなどの対象となった高齢者が給付を受けやすくなっています。この助成金の獲得方法としては、45歳以上の3人の人が、本人の職業経験を活用しつつ共同で事業を起こし、なおかつ社員を雇って継続的な就業などの機会を送出した際に事業の開始時点で要した費用の一定範囲の金額を給付するというものです。

 

高年齢者等共同就業機会創出助成金を獲得するには条件がありますが、その中のいくつかを拾ってみますと、雇用保険の適用事業者であること、高齢創業者が3人以上で出費した新たな法人の会社であること、起業に関しての自己資本比率が50%未満であること、高齢創業者のうちのいずれかが代表者であること、新たに立ち上げた法人の設立登記の日から申請の期間内に高年齢者等共同就業機会創出事業計画書を提出した上で認定を受けていること、支給申請日の時点で高年齢者などを雇用保険被保険者として雇用し、以後も継続雇用すること、法人の設立した登記日から6ヶ月以上に渡って事業を営んでいること、などがあげられます。

 

高年齢者等共同就業機会創出助成金の申請の流れとしては、まず最初に高年齢者雇用開発協会へ相談することから始まります。その後実際に会社設立の登記を行い、高年齢者等共同就業機会創出事業計画書の作成および提出を行います。次に都道府県の雇用開発協会担当者との面接が行われ、法人登記後6ヶ月を経過した時点で高年齢者等共同就業機会創出助成金支給申請書を提出します。その後問題がなければ支給が決定されることになります。
>>失敗しないための起業助成金の申請の仕方/申請受理のためのマル秘テクニックとは?

 

※各起業助成金の申請にあたってはそれぞれ所管する担当窓口にて最新の情報を得るようにして下さい。